模様替えを始める最初のステップ

模様替えを始める最初のステップ

模様替えは計画的に

部屋の模様替えには家具の移動が伴うことが多いですが、頭の中だけで、「あの棚をこっちへ。このソファをあっちへ・・・」と考えて、いきなり家具を動かし始めてはいけません。

大抵、失敗しますから。

棚から物を取り出して、重たい棚を移動させたにも関らず、最終的に元に戻したり、そもそも移動先のスペースには置けなかったりなんて経験をしたことがある方も多いはずです。

模様替えの最初のステップは見取り図の作成

お部屋を模様替えしようと思ったら、まず始めにお部屋の見取り図の作成を必ずしましょう! 見取り図といっても簡単なものでOKです。

お部屋というのは同じ8畳でも団地間(マンション間)、江戸間、京間、本間と呼ばれる間取りでは微妙にサイズが違うんです。

ですから、引越しなんかするときも、同じ8畳だから同じレイアウトで家具を配置なんて思っていたら収まらないなんて事にもなりますから、まずはお部屋のサイズを測って見ましょう。

部屋のサイズを測るのはワンルームや狭い部屋でなければ難しいですが、窓のサイズや、窓の両サイドの壁の幅、ドアの開閉に必要な幅というように分割して部分的に計るだけでも後からとっても役立ちます。

サイズを測ることで、家具の移動時に、家具が窓の一部を覆ったり、ドアの開閉に支障が出たりと失敗を防げるだけでなく、ステキな家具を見つけたときに設置できるかどうか悩んだり、計測の為に家に戻る必要がなくなります。。

模様替えのコツ

失敗しない模様替えの始め方
インテリアテクニック