収納スペースは多ければ良い訳ではない - 住まいの10~15%が理想の容量

収納スペースは多ければ良い訳ではない
住まいの10~15%が理想の容量

収納スペースがすこしでも多い方が良いという方は多いですが、多ければいいというものではありません。

なぜかというと、収納スペースを多く設けても、生かしきれなければその空間がむだになっただけだからです。

収納スペースが多いことは「まだ物を増やしても大丈夫」という油断を生み出し、不用品が増えたり、空間の使い方が上手くならず、結局詰め込む収納になりがちです。

理想の収納スペースは住まいの床面積の10~15パーセントです。

もちろん、人それぞれライフスタイルが違いますから、目安として覚えておいてください。

片付け&収納の鉄則

物を支配する収納術
使いやすさがアップする収納術