その場限りの収納術ではなく、長期的に使える収納術とは?

その場限りの収納術ではなく、
長期的に使える収納術とは?

テレビで収納の達人なんかが、物だらけの家を片付けるなんて企画がありますよね。

大体やっていることは同じなんです。 いらないものを捨てる、達人のオリジナルの収納スペースの作り方で、収納スペースを作る、その収納スペースに片付ける。

この片付けるときに、すべてのものが、その収納スペースにピッタリ収まっていくのに驚かれて事はないですか?

一見、見事に一つ一つが隙間にピッタリ収まっていくのでスゴイって感じますが、この方法をあなたの部屋にそのまま活用することはできないですし、長期的に使える収納術としてはオススメできません。

ピッタリ収まっていくということは柔軟性にかけるのです。

あなたが今後何も買わないライフスタイルを変えないというのであれば、とても良い方法ですが、そんなわけはありませんよね。

長期的に使える収納術はその場限りの収納テクニックではなく、あなたのライフスタイルに収納を合わせるテクニックです。

収納スペースに可動式の棚を取り付け、市販の仕切りを利用してさまざまな物に対応できるようにするというものです。

こういった変更のきく、様々な物に対応できる、簡単な仕切りだけの
「ざっくり収納」が長期的に使える収納術です。

片付け&収納の鉄則

物を支配する収納術
使いやすさがアップする収納術