物に支配されない為には「捨てる」ことも重要

物に支配されない為には
「捨てる」ことも重要

どんなにタクサンの物をわずかな収納スペースに収めたからといって、本当の収納上手とはいえません。

収納というのは空間を活用させなくてはいけません。 使わないものをずぅ~~~っとしまいこんではいませんか?

収納上手な方は、空間を活かす事と「捨てる」事の重要性を知っています。

効率よく捨てる技術としては「残す」「捨てる」「保留」の3つに分けることが基本です。

ポイントはこの「保留」というものです。

愛着のあるもの、もしかしたら使うかも知れないってものをいきなり捨てるというのは難しいです。ですからとりあえず「保留」という形で分類分けをしておいてください。

ただし、この保留は、大き目の箱を一つ用意して、そこの入る分だけです。それ以外は、「残す」「捨てる」かを必ず決めてください

基本的に1年間使わなければ不用品といわれています。

この方法で収納スペースを必要な物のために使い、空間を活かす収納上手を目指しましょう!

思い出の品も捨てなくてはいけないのか?

使うわけでもないけど思い出の品は捨てにくいものです。このような物も捨てるべきか?

私は捨て無くて良いと思います。他の人から見ればゴミに見えるようなものもあるかもしれないですが、あなたにとって大切な思い出の品であれば、残しておくべきです。

ですが、ずっと箱に入れっぱなしで収納スペースを占領しているというのも困り者・・・。 時には処分も必要になるかもしれません。

そこで思い出の品の残し方と捨て方をお話します。

思い出の品の残し方、捨て方

思い出の品は、残す場合も捨てる場合も写真を撮ります。

残す場合は、何年も見ることなくずっと箱に入れっぱなしになっていることが多いと思います。しかし、写真に撮ることでいつでも思い出を見返すことが出来ます。

そして、捨てる場合でも写真として残すことが出来るので、捨てるときの心の負担はかなり減らすことが出来ます。

現在はデジカメやパソコンで簡単に写真管理が出来ますから、手軽でおすすめな方法です。

片付け&収納の鉄則

物を支配する収納術
使いやすさがアップする収納術