「使う場所が収納場所」集中収納はすっきり見えるが続かない

「使う場所が収納場所」
集中収納はすっきり見えるが続かない

片付けても片付けてもスグに散かってしまうってお悩みの方いませんか? それは片付けるときに「きれいにしまうこと」ばかり考えているからです。

片付けるときに「使うこと、取り出すこと」を考えて収納スペースへ物をしまっておかなくてはいけません。

集中収納は一見、きれいにしまえるし、大量のものを収納できることから多くの方は大きな収納スペースを求め、あらゆる物をそこへしまいたがります。

しかし、片付けることは簡単ですが、集中収納は片付けのサイクルができにくい収納スペースです。

あなたにもきっと経験があるはずです。必要なものを取りには行くけど、使い終わったら使っていた場所のそばにとりあえず放置してしまうことが!

それが散かる原因ってことはわかっているのに「あとでしまおっと・・・」っ感じじゃないですか?

そこで、使ったら片付けるというサイクルを作る収納方法が必要です。

それは集中収納ではなく、使う場所によって個別に収納スペースを設ける分散収納です。

使用場所によって個別に収納スペースを設けることで、片付ける際の移動距離は大幅に減り、使ったら片付けるサイクルの流れを作りやすくなるのです。

片付けれない方は片付けやすさではなく、取り出しやすさ、使いやすさを考えてみましょう。そうすれば自然と片付けるやすくなるんです!

片付け&収納の鉄則

物を支配する収納術
使いやすさがアップする収納術